過払いの時効を確認しよう

 

数年前から過払い金について大きく問題になっています。
社会問題になっているので、ニュースなどでも取り上げられています。
この過払い金とは本当であれば支払う必要がないのに払い過ぎていたお金のことを過払い金と言います。
借入期間が5年以上で金利が18%を超える場合は、過払い金が発生している可能性があるので、払い過ぎた自分のお金を取り戻すことができます。


弁護士や司法書士が払い過ぎたお金を計算してくれますので、素人の人でも専門家に任すことができれば返還請求をしてもらうことができて過払いのお金を取り戻すことができます。
日本の法律には利息制限法という法律があってその法律を元に金額に応じて15~20%にするという決まりになっています。


しかし利息制限法の上限を超える金利を貸金業者に支払ってしまったら、過払い分の金額を返還してもらうことができます。
貸し金業者と長く取引をしていれば、過払い金が発生している可能性が高くなります。
特に完済した人はそのまま解約してしまってはもったいないので、自分の過払い金が発生していると思って、必ず請求をしてください。
早く請求をしなければ時効があるので注意しなければいけません。


時効は完済してから10年以内に請求をしなければ時効になると法律で定められているので、この範囲内であれば請求をすることができます。
多額の過払い金が返金されるケースもありますので、専門の弁護士や司法書士の方にお願いをして、1円でも多くの過払い金を返金してもらうようにしましょう。


○特選サイト
専門家の弁護士に過払い金の返還請求を依頼できるサイトです・・・過払い金 返還請求